ヒゲ脱毛を安い月額制で選ぶ理由

ヒゲ脱毛を安い月額制で選ぶ理由

朝の貴重な時間を使って一生懸命ヒゲ剃りをしてきたのに、夕方には無精ヒゲみたいになってちょっとカッコ悪い感じになっている人っていますよね。

 

ヒゲが濃い人の中には、デスクの引き出しにシェーバーを入れていて昼休みに剃るという人もいます。

 

営業マンや接客業の人は特に身だしなみが大切なので、意外と切実な悩みという人も多いのではないでしょうか。これからもずっと毎日毎日ヒゲとの戦いを続けるのかと思うと途方に暮れてしまいますよね。

 

濃いヒゲは仕事だけでなく、女性ウケもよくありません。ヒゲが濃い人が好きという女性はほとんどいないのではないでしょうか。

 

女性はあまりヒゲが濃くなくても伸びた無精ヒゲでも不潔に感じるそうなので濃い人の無精ヒゲなんてとんでもないことです。

 

ここはやっぱりヒゲ脱毛しかないのではないでしょうか。最近では、男性専用の脱毛サロンもかなりあるので通いやすくなっています。でも料金は女性のようにおどろくような格安さはありません。

 

料金体系はそれぞれですが主に以下のような感じです。

ヒゲ脱毛の料金体系

  • 1回ずつの支払い
  • 回数制限ありでの支払い
  • 月額制での支払い

1回ずつの支払いは部分的にココだけ脱毛したいという場合はいいですが、広い範囲の脱毛になるとやはり高額になってしまうのでおすすめしません。回数制限ありでは、5回や10回など脱毛する部位や範囲で違います。

 

ヒゲが濃くてアゴや頬にまんべんなくヒゲが生えている人は回数が終わっても満足いく仕上がりになっていないこともあり、追加となればまたそれなりの出費になり終わってみたら高額になっていたということもあります。さらに脱毛は完了したのにローンだけが残ってしまって払い続けるということも多々あるのでなんとなく後味が悪い感じですよね。

 

その点月額制は月々の支払もそれほど高くはないし、習い事感覚で支払えます。自分が満足する状態になったら、料金も発生しないので一番脱毛完了という実感が味わえるのではないでしょうか。

 

ヒゲ脱毛の回数は平均的にフラッシュ脱毛なら30回、レーザー脱毛なら15回は必要と言われています。フラッシュ脱毛はレーザー脱毛に比べたら料金的には安いですが、さすがに30回となると結果的にはあまり変わりません。ヒゲが人より濃いとなるとそれ以上はかかることになります。

 

一旦ヒゲ脱毛を始めると中途半端でやめるというのはやはりできないものなので、月額制で納得いくまで脱毛に通うというのが一番ではないでしょうか。